1. TOP
  2. 補助金・助成金情報
  3. 平成31年度65歳超雇用推進助成金(高年齢者評価制度等雇用管理改善コース)

平成31年度65歳超雇用推進助成金(高年齢者評価制度等雇用管理改善コース)

種類助成金
公募期間平成31年4月1日~令和2年3月31日

平成31年度65歳超雇用推進助成金(高年齢者評価制度等雇用管理改善コース)とは

高年齢者向けの雇用管理制度の整備等に係る措置を実施した事業主に対して一部費用の助成を行うコースです。(実施期間:1年以内)
対象となる措置は以下の通りです。

○高年齢者の職業能力を評価する仕組み及びこれを活用した賃金・人事処遇制度の導入又は改善
○高年齢者の希望に応じた短時間勤務制度や隔日勤務制度などの導入又は改善
○高年齢者が意欲と能力を発揮して働けるために必要な知識を付与するための研修制度の導入又は改善
○法定外の健康管理制度の導入 等

支給額

雇用管理制度の整備等の実施に要した経費の額に、次の助成率を乗じた額

中小企業事業主の助成率

生産性要件を満たした場合:75%

生産性要件を満たさなかった場合:60%

中小企業事業主以外の助成率

生産性要件を満たした場合:60%

生産性要件を満たさなかった場合:45%

主な支給要件

○「雇用管理整備計画書」を(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長に提出して、計画内容について認定を受けていること。
○上記計画に基づき、高年齢者雇用管理整備の措置を実施し、当該措置の実施の状況及び雇用管理整備計画の終了日の翌日から6か月間の運用状況を明らかにする書類を整備している事業主であること。
○雇用管理整備計画書提出日から起算して1年前の日から支給申請日の前日までの間に、高年齢者雇用安定法第8条または第9条第1項の規定と異なる定めをしていないこと。
○支給申請日の前日において、当該事業主に1年以上継続して雇用されている60歳以上の雇用保険被保険者であって、講じられた高年齢者雇用管理整備の措置により雇用管理整備計画の終了日の翌日から6か月以上継続して雇用されている者が1人以上いること。
○雇用管理整備の措置の実施に要した支給対象経費を支給申請日までに支払ったこと。