1. TOP
  2. 補助金・助成金情報
  3. 平成31年度岡山市製造業等販路拡張支援事業

平成31年度岡山市製造業等販路拡張支援事業

種類補助金
公募期間平成31年4月1日~令和元年9月30日

平成31年度岡山市製造業等販路拡張支援事業とは

市内で開発・製造された自社の工業製品等の販路拡張のため県外の見本市・展示会等に出展する市内の製造業及びソフトウェア業の方に対して、出展経費の一部を助成し、販路の拡張及び販売を促進し、市内産業の振興を図ります。

補助対象者

以下のいずれかに該当し、市税の滞納がない者
(1)市内に本社事務所又は主要工場を有する製造業者(資本金3億円以下又は常時使用する従業員が300人以下、但し自動車又は航空機用タイヤ及びチューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除くゴム製品製造業者は900人以下)及び工業技術の研究団体(市内の中小企業者を主なメンバーとするもの)
(2)市内に本社事務所及び開発の事業所を有するソフトウェア業者(資本金3億円以下又は常時使用する従業員が300人以下)

補助対象事業

岡山県外(海外も可)で開催される見本市等へ自社の工業製品等を出品する事業。
ただし、以下の事業を除きます。
・即売を主目的とするもの
・他から助成を受けているもの
・岡山市が主催しているもの

補助対象経費、補助額

【国内】消費税を除く1小間料の額とし、25万円を上限とします。
【海外】1小間料の額、展示装飾費、製品輸送費、通訳費及び広報・宣伝活動費(出品のために新規に作成したパンフレット作成費等)の額とし、40万円を上限とします。

主な付与条件

(1)交付の制限
   同一会計年度に1回のみ
(2)状況報告
   補助事業完了後、出品物の取引状況等について報告書を提出していただきます。

補助の決定

応募者が多数の場合、過去の補助回数の少ない応募者を優先し、同じ補助回数の応募者は抽選にて選定します。
ただし、海外で開催される見本市等へ出品する場合、過去の補助回数に関わらず予算範囲内で優先採択します。

公募時期

原則、前期分は毎年3月ごろ、後期分は毎年9月ごろ