バー開業(女性30代)

事業計画書サンプル紹介

1.事業計画書表紙

事業計画書の初めには
・創業場所
・開業予定日
・事業計画者名など
個人創業・法人創業、創業形態ももれなく記載しましょう。
通常のお仕事等でもあるような決まったタイトルを入れましょう。

2.創業動機

事業計画書を作成するというお仕事をさせて頂いて特に感じるのは「創業動機が重要」という事です。
創業動機は自己的な動機ではなく、社会・経済に貢献できるものが素晴らしいと感じます。
事業の根底を成す「創業動機」が「儲かりそうだから」ということでは誰からの応援もないと判断されても仕方がないと感じます。
誰かを応援したい、誰かを幸せにしたい!それが「創業動機」だと思います。
「創業融資のフルサポ」の「創業動機」(企業理念)は創業者の成功を支援させて頂くことです。

3.経歴(1)

経歴を時系列順に記載しています。
創業にあたって、その仕事内容に関する経験が無いというのは、とてもマイナスなポイントになってしまいます。
逆に、創業内容に関係する職歴はとてもいいポイントとなります。
あなたの創業に関する仕事の経験・強み・アルバイト歴などを書きましょう。

4.経歴(2)

創業予定の事業により関係の深い経歴を記載しています。

5.開業予定地

開業予定物件の景観、周辺地域の地図を記載し、融資担当者の方に開業場所のイメージを持っていただきましょう。
ここでは、最寄り駅の情報も加えています。

6.ターゲット顧客と店の特徴

事業の対象となるターゲット顧客についての記載と、店の特徴を挙げています。

7.セールスポイント

前ページからさらに詳細に店舗の持つ特徴を挙げ、事業のセールスポイントをとして説明しています。

8.販促方法

新規顧客獲得のための販促方法について写真つきで説明しています。

9.競合店など

業種が同じなのはもちろんのこと、取り扱う商品やターゲット層が近い、店構えが似ている等、近隣で競合が予想される店舗のほか、目標とする店舗の名前も併せて記載しています。

10.資金と3ヶ年計画

こちらのページは必要資金の調達方法と、
3年間の計画としての事業の見通しとして、
・売上(年計)×3年分
・売上原価(年計)×3年分
・売上総利益(年計)×3年分
・経費(年計)×3年分
・人件費(年計)×3年分
・減価償却費(年計)×3年分
・営業利益(年計)×3年分
を記載しています。

11.売上根拠

売上の算出には客観的な根拠が必要となります。
ここでは創業1年目、2年目、3年目の想定する客数、メニュー毎の客単価等を表にしています。

12.損益計画と資金計画(1年目)

年目の損益・資金計画です。
こちらは事業計画書の核となる部分です。
売上、人件費、家賃、減価償却や利息等、客観的に見て合理的な数字を記載しましょう。

13.損益計画と資金計画(2年目)

2年目の損益・資金計画です。

14.損益計画と資金計画(3年目)

3年目の損益・資金計画です。

15.許可について

創業する業種によっては「許認可」が必要な物がございます。

融資は許認可取得後になりますので、飲食店・理美容業の方は特に注意しましょう!